テスト

 石川県の皆様へ 

 

「他社修理失敗品」が金沢を中心に急増中です、ご注意ください。

修理後、故障個所以外も壊れて使えなくなっていたなど(特に多いのが近接センサーホームボタン)

修理完了後に「各種動作チェックをしていない修理店」が多く、修理品お受取り後に近接センサーなどが動いてないことに後から気付かれる消費者様が多いようです。

そして、殆どのお客様で「修理後動作に問題ない旨の受け取りサイン」をされた後ですので、修理店側は一切の苦情を受け付けてはくれず、泣き寝入りされてます。

 

当社であれば、修理前と修理後にお客様立ち合いのもと各種動作チェックを徹底しておりますので、このようなことは発生しません。

他社修理による失敗も、当社が再修理することによって修復・改善できる場合がありますのでご相談ください。

 

 

 

これまでに当社に相談されてきた「他社修理失敗品」の内容

・不注意によると思われる配線の切断

・違法バッテリー使用による電池交換後の端末損傷

・内部コネクタ接触不良による異常動作

・パーツ取り付け位置のズレによる干渉発生で、画面にムラが出る(特にiPhone6sで頻発しています、白画面で確認してみてください、画面上部に押されてできるようなハッキリとしたムラがあれば修理失敗品です)

・ネジ山損傷(ネジなめ)による無茶な対処(パーツ側を無理やり切断するなどで機能不全に)

・低品質パーツ使用による機能不全(電子マネー使用時に画面が固まって動かなくなるなど)

 

 

 

 

 

b_simple_106_0M.png

 

検査・検証費無料

 

お客様の目の前で他社修理失敗品を分解し、専用の検査機なども使い状態を細かくチェックいたします。

(その場合、証拠及びトラブル防止のため分解の様子をノーカットで動画撮影させていただきます)

 

b_simple_106_0M.png

 

 

  

関連記事

IMG_021.png

「他社でバッテリー交換された端末」を分解してみると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

b_simple_106_0L.png

「どうしてこうなった!」

を知るためにも前置き長いですが読んでください

b_simple_106_0L.png

 

 

いまは各地でiPhone修理店の出店ラッシュですね

と同時に、廃業されてる修理店も増えてきました。

 

しかし

 

修理店が儲かりまくっていたのは昔のこと

ここまで修理店が増えると飽和状態で経営が厳しくなってきます。

 

そう、これが「レッドオーシャン」と呼ばれる状態です

 

なので

 

最安でもないのに「一番安い」と宣伝してたり

開業まもないのに異様な速さで口コミ投稿がされてたり

評価サイトへの根回しなのかはわかりませんが、このような業者が

総合サイトのオススメ上位になってたりします。

 

このように、なりふり構わず

お客の獲得に必死な修理業者がかなりの数で見受けられるようになってきました。

 

 

実は、iPhone修理業界ではこのような状態もあって

修理自体では儲からなくなってきてます。

【iPhone修理】それ、失敗してませんか?【修理後のチェック箇所】

そりゃそうです

競争が激化し、値下げ合戦になれば利益が減ってきます。

 

その為、大手修理業者は

今はどこも「フランチャイズ」に力を入れております。

 

経営自体は、最終的に個人に責任を負わせることができますし

経営状態がどうであろうが、払うものは払わないとならず

安定してフランチャイズ料が入れば、それだけで本体は潤うわけです。

 

あ、、

これってコンビニの時と同じでは、、